スマホ対応型ホームページ制作|栃木県宇都宮市のハッスルウェブ

ホームページ制作会社の選び方

  • HOME »
  • ホームページ制作会社の選び方

ホームページ制作会社の選び方

せっかく作ったのにホームページからの問合せが1件もない
弊社には、毎日たくさんのホームページに関するご相談が寄せられますが、その中で一番多いのがホームページ制作の失敗です。なぜこのような失敗をしてしまうのか。それは、ホームページ制作を依頼する制作業者選びに失敗しているからです。こちらでは、問合せを獲得できる、お客さまを増やしてくれる、そんなホームページを制作できるホームページ制作会社の選び方についてお話しします。

POINT1 新規のお客様をホームページから獲得しているか

ホームページ制作会社を選ぶ際に一番大切なのは、制作会社がホームページでお客さまを増やすノウハウを持っているかということです。一般に「オシャレなホームページ」を作れる会社はたくさんありますが、
 

「オシャレなホームページ」≠「問い合わせがくるホームページ」
ということを認識する必要があります。オシャレなホームページを作っても、そこから問い合わせがくるとは限らないのです。そして、「お客さまを増やす」ノウハウを持たない業者に作ってもらったホームページが、御社にお客さまを連れてきてくれる可能性は少ないです。
実は、多くのホームページ制作会社は、ネットで新規開拓していません。新規のお客さんを集めるのは、ネットではなく、営業マンの営業力です。もしかしたらあなたのところにも「ホームページを作りませんか」という営業電話がかかってきたことがあるかもしれませんが、こうした電話営業で新規のお客さんを集めている制作会社が多いのです。
営業マンがお客さんを集めるのが悪いと言っているわけではないのですが、自社のお客さんを集めるのに営業マンが電話営業している会社が、果たしてネットでの集客法を知っているでしょうか。
ネットからの集客ができている制作会社であれば、ネットからも新規のお客様が取れますし、口コミが拡がって人からの紹介で勝手にお客様が増えますので、電話営業なんかする必要がありません。
 

arrow38-010ハッスル型ホームページの詳しい情報はこちら >>

POINT2 総額の費用を明確にしてくれるか

はじめてホームページを作る方にとってわかりにくいのが、ホームページ制作にどれくらいの費用がかかるのか、という点です。ホームページ作成会社のホームページをいくつか覗いてみるとわかるのですが、多くの業者の価格は、非常に細かく設定されていて、たとえばこんな感じです。
【他制作会社の価格例】

項目 料金
写真加工 2,000円~
ページデザイン 20,000円~
ページ制作 20,000円~
ロゴ制作 30,000円~
スクリプト設計 45,000円~
ディレクション 50,000円~

このように専門用語だらけで、各項目が何を意味しているかよくわからないですよね。
もともとこの業界は、請負型の受注制作だったので、かかっただけの費用を請求することが多かったのです。ホームページ制作会社としては、かかった費用をすべて請求できるため非常に便利な方法なのですが、発注側から見ると一体いくら費用がかかるのかわかりません。ですから、ホームページ制作の申込みを行う前に、「総額でいくらかかるのか」について、きちんとした見積りをもらいましょう。
もちろん、あなたが作りたいホームページの規模や内容によって、制作費用は上下します。またホームページ制作会社としては、「やってみないといくらかかるかわからない」という側面が多いのは事実です。
でも契約を取り交わす前に、「総額でいくらかかるのか」をお互い合意しておかないと、あなたが一方的にリスクを被ることになります。業者の制作スキルが低いために必要となった追加費用であろうが、本当は制作する必要がなかったページを作った費用であろうが、すべての費用があなたに請求されるのです。ぜひ総額の制作費用を明示してくれる会社を選ぶようにしましょう。
弊社サービスは、事前に費用総額のお見積もりを出してお客様がご納得した上で、ご依頼をお受けいたししております。
 

arrow38-010ハッスル型ホームページの詳しい情報はこちら >>

POINT3 専門用語を使わず分かりやすい言葉で説明してくれるか

専門用語を使わず説明してくれる業者を選びましょう。
ホームページ制作会社で働く「WEBデザイナー」という人たちは職人気質の人が多いため、お客様と話すときに専門用語を多用しがちです。また、インターネットには詳しいものの、ビジネスに関する知識に乏しい人が多いため、ビジネス用語で話すことに慣れていません。一方、ビジネスに役立つホームページを制作会社に作ってもらうためにもっとも大切なのは、「ホームページ制作会社とのコミュニケーション」です。
ホームページ制作の過程においては、あなたの意見を業者に伝えながら、同時にインターネットの専門家としてホームページ制作会社から様々なアドバイスをもらうことになります。そのため、あなたと業者とのコミュニケーションがうまくいかないと、あなたが望むようなホームページは決して手に入りません。また、「WEBデザイナー」はホームページデザインに対する「自分のこだわり」を大切にする傾向が強く、そのためお客さんから意見されるのを嫌う傾向にあります。「素人に口出しされると、せっかくのデザインがおかしくなる」と、心の底でこのように考えているWEBデザイナーは少なくありません。
こうしたタイプの担当者にあなたがホームページ制作を依頼した場合、あなたはコミュニケーションを取るのに大変苦労します。質問したり意見したりすることを、先方が嫌いますから、あなたは何となくその業者と話をするのが気が進まなくなってきます。そして結果的に、あなたが思っていたのとは似ても似つかぬホームページが出来上がることになるのです。
 

arrow38-010ハッスル型ホームページの詳しい情報はこちら >>

POINT4 制作の進め方や修正・更新について具体的に明示してくれるか

ホームページ制作を業者にお願いする場合、よくわからないのが、「どのようにホームページを作っていくのか」という点です。とくに、初めて制作を依頼する場合は、進め方のイメージがわかないと思います。
契約を取り交わす前に、先方のホームページ制作会社が具体的な作業の進め方を、お客さんの立場に立ってわかりやすく説明してくれるかどうかチェックしましょう。親切な業者なら、担当者が丁寧に説明してくれるはずです。
ホームページ制作の進め方が体系化されていない業者にかぎって、「お客さまのニーズに合わせて、臨機応変に対応します」というような説明をします。でもこのような進め方では、あとで思いもよらない費用が発生したり、全体のスケジュールが遅れがちです。
体系化されたホームページ制作プロセスを持っているかどうかが、優秀な業者であることの必須条件ですから、ぜひこの点についても確認しましょう。
またホームページというものは、作れば終わりというものではありません。ホームページを開設してからが勝負で、継続的なコンテンツの追加・修正が発生することになります。
実店舗でも、商品の見直しや、セール、あるいは店内レイアウトの見直し定期的にすると思います。ホームページも同じで最初に作ったコンテンツが大ヒットで、後は放っておいてもお客さんがどんどん買ってくれる、なんてことは絶対にありません。
最初のコンテンツを元に、細かいチューニング、追加・修正を繰り返しことが不可欠です。そしてそのためには、少なくとも月に一回程度は、ホームページコンテンツ(内容)の追加・修正が必要になります。
ここで問題になるのが、ホームページコンテンツの追加修正について、あなたとホームページ制作会社が事前にどこまで意識あわせができているか、という点です。
ホームページ制作を頼む前に、ホームページリリース後の追加・修正の役割分担とそのコストについても明確にしておいたほうが良いです。
ホームページは作って終わりではありません。納品後も長くお付き合いをする視点で、制作会社を選びましょう。以上、いろいろとお話ししてきましたが、多くの企業でホームページが役に立たない理由の一つが、ホームページ作成会社選びに失敗していることにあります。オシャレなホームページをつくるのが専門の制作会社に、「お客さまを増やせるホームページ」を依頼するのがそもそも間違いなのです。営業経験のないデザイナーに、売上アップにつながるホームページを依頼しても、それは無理というもの。
ですから、役に立つホームページを作りたいのなら、それができるホームページ制作会社を選びましょう。ぜひここで述べたポイントを元に、あなたに役立つホームページを作れる会社を選んでいただければと思います。
 

arrow38-010ハッスル型ホームページの詳しい情報はこちら >>

お問い合わせ お問い合わせ
PAGETOP
Copyright © 株式会社ハッスルウェブ Hustle Web.Ltd. All Rights Reserved.