スマホ対応型ホームページ制作|栃木県宇都宮市のハッスルウェブ

ホームページで問い合わせを増やす秘訣

  • HOME »
  • ホームページで問い合わせを増やす秘訣

ホームページはネットのチラシ

まずホームページでお客さまを増やすために一番大切なのが、「ホームページとは何か?」ということを、きちんと理解することです。
ホームページを作る目的は色々ありますが、私がお勧めしているのはホームページを「チラシ」として利用する、という考え方です。
それも24時間自動的に見込み客にチラシをばらまいてくれるマシンです。
ホームページは名刺の代わりではありませんし、会社パンフレットの代わりでもありません。ホームページは、お客さまを増やすための「ネットのチラシ」なのです。

ホームページに載せる内容は?
ホームページはネットのチラシのようなもの。チラシを作るようにホームページも作りましょう。
ホームページを「ネットのチラシ」だと考えると、自然とホームページに掲載する内容がイメージできてきます。
もしチラシを作るなら、「サービスの魅力」を伝えるために、チラシにのせる写真や文章を考えると思いますが、ホームページも同じです。
ホームページという「ネットのチラシ」で、御社のサービスの魅力をお客さまに伝えるのです。チラシに載せるような文章を考え、チラシに載せるような写真を掲載しましょう。チラシのキャッチコピーをホームページでも利用するのです。
ホームページだからといって、決して難しいものではありません。自分でチラシをまくとしたらどんな内容にするだろう。そんな風に考えて、チラシにのせる内容をそのままホームページに載せればいいのです。

ホームページとチラシの違い
ホームページは変更も自由自在で、いつまでも配布し続けられるチラシです。
また、「ネットのチラシ」であるホームページは、一般のチラシより優れた点がいくつかあります。
まず、一般のチラシは一度配ってしまえばそれで終わりです。でもホームページなら、公開し続ける限りいつまでもお客さまにその内容を届けることができます。一度きりのチラシに対して、いつまでも配り続けられるのがホームページ、という感じです。
さらに、チラシは印刷してしまうと、その内容を変更することができません。キャッチコピーや写真を変えたくなったとしても、印刷した後はその内容を変更することができないのです。でも「ネットのチラシ」であるホームページなら、変更も自由自在。キャッチコピーを変更したり、追加のサービスページを増やしたり、あるいは写真を差し替えたりと、何でもOKです。簡単にいうと、ホームページとは「変更可能で、いつまでも配布可能なネットのチラシ」なんだ、という風に考えていただければと思います。
それではホームページが「ネットのチラシ」だということがご理解いただけたところで、このネットのチラシを使ってお客さまをどのように増やして行けばよいのか、いくつか「秘訣」をお話ししていきましょう。

秘訣1 ネットで売らない!

まずホームページを作成する際に気をつけなければいけないのが、ホームページですぐに売ろうとしない、ということ。
皆さんホームページを作ると、すぐに「ホームページに買い物かごをつけて・・・」というようなことを仰るのですが、ホームページで最初から売ろうとしても、まずうまくいきません。

ホームページの目的は問合せ獲得
ホームページは、問合せの獲得を目的にしましょう。問合せをもらってからが勝負です。
ですから、ホームページでいきなり「商品を購入」させたり「サービスを申込み」させるのではなく、まずはホームページに来てくれたお客さまから「問合せしてもらう」ことを考えましょう。
新聞の折り込みチラシを見たお客さんに問い合わせしてもらうように、ホームページを見たお客さまに問合せしてもらうのです。電話やフォームで問合せしてもらいましょう。あるいは「資料請求」や「見積もり依頼」してもらってもよいです。ホームページの目的は、「売ること」や「申し込ませること」ではありません。
 
ホームページの目的は、「問合せしてもらうこと」。
ぜひこれをご理解ください

秘訣2 問合せにつなげるテクニック

「問合せ」の大切さをご理解いただけたとして、次に問題になるのが、「どんなホームページを作れば、お客さまが問合せしてくれるのか?」という点です。ただ単にホームページを作っても、それだけではお客さまは問合せしてくれません。問合せしてもらうための色々なテクニックの中で、一番わかりやすい例が、

ホームページで「電話番号を目立たせる」
sptel-min
ということです。せっかく問合せしようとしても、電話番号が見当たらないと問合せできないですから、このテクニックは基本中の基本。実際、電話番号を目立たせるだけで、問合せが2~3倍になったケースも少なくありません。

また、今はスマホからのアクセスが非常に多くなってきていますので、スマホから見た場合に、

電話番号をタップしたら電話がかかるような仕組み
sptel-min
を組み込む必要があります。弊社の「ハッスル型ホームページ」は電話がかかる電話ボタンを一番目立つところに設置しております。
 

arrow38-010ハッスル型ホームページ制作の詳細はこちら >>

秘訣3 お客様の声をたくさんアップする

お客さまの声。これは最も重要なページです。
新聞の折り込みチラシ、たとえばエステのチラシには、ほぼ100%「私はこんなに痩せました!」という体験談が載っていますが、あれはそうした体験談がチラシの反応を高めるからです。
自分でいくら「うちのサービスはすごいんです」と言っても、お客さまは簡単には信じてくれません。でも、実際のお客さまの体験談を載せると、信憑性がグッと増します。
ホームページも同じで、お客さまの声をホームページに掲載すると、サービスの魅力を信じてもらいやすくなります。
 

arrow38-010ハッスルウェブのお客様の声はこちら >>

秘訣4 SEO(検索エンジン対策)

さて、「サービスの魅力を伝えるページ」が用意できたとしても、お客さまが一人もホームページに来てくれないのでは、お客さまの「問合せ」には決してつながりません。せっかく作ったホームページですから、一人でも多くのお客さまに訪問してもらいたいところです。
ネットの世界では、ホームページにお客さまを連れてくるテクニックのことをSEO(検索エンジン対策)と呼びますが、これもホームページでの最重要ポイントの一つです。
SEO(エス・イー・オー=検索エンジン対策)とは、Yahoo!やGoogleの検索結果の上の方に、自分のホームページを表示させるテクニックのこと。上の方ほどよくクリックされるため、検索結果の上位に表示されれば、ホームページのアクセス(訪問してくれるお客さまの数)が多くなる。
ただ、このSEO(検索エンジン対策)というのはとても奥が深いテクニックで、専門業者にお願いすると、通常は50万円以上、難しいキーワードの場合だと100万円以上もするような、高度なプロの専門知識が必要な施策になります。
 

秘訣5 スマホ対応が必要

ここ数年のスマートフォンの爆発的な普及により、ホームページのアクセスの少なくとも半数、業種によっては8割以上が、スマホからのアクセスです。お客さんの大多数がスマホであなたのホームページを見ている、という状況なのです。
ところが、スマホの小さい画面にPC用の大きいホームページをそのまま表示すると、文字が小さすぎてお客さまが読んでくれません。一生懸命に作ったホームページも、お客さまが読んでくれなければ全く意味がありません。当然、問い合わせにもつながる可能性は低いです。
そこで今必要なのが、1つのサイトで「PC用ホームページ」と「スマホ用のホームページ」が同時にできてしまう「レスポンシブウェブデザイン型ホームページ」なのです。
そして、弊社のメインサービスである「ハッスル型ホームページ」はこの「レスポンシブウェブデザイン型ホームページ」を採用して制作しております。しかも、通常、「レスポンシブウェブデザイン型ホームページ」は制作費がかなり高価になるところ、「ハッスル型ホームページ」は非常に格安で制作させていただいております。
 

arrow38-010ハッスル型ホームページ制作の詳細はこちら >>

 

次ページ ホームページ制作会社の選び方 >>

お気軽にご相談・お問い合わせください TEL 0120-846-566 9:00〜18:00(土日祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 株式会社ハッスルウェブ Hustle Web.Ltd. All Rights Reserved.